【NO.8】 『あれから●十年!』なんて絶対いわせない

新婦の横顔

皆さん、一度は聴かれたことがあるのではないでしょうか?

『あれから40年!』
●昔は乙女、今は太め。服を脱いだら歳以上。
●久々のお化粧、夫も後ずさり。
●猫をかぶって嫁に来た妻もとうとうブタになり・・・。
●出会った頃の女房は食べたくなるほど可愛かった。あれから40年、あん時、食べておけば良かった・・・等など。

 

ご存知、あの “中高年のアイドル” 綾小路きみまろさんの観察眼スルドイ、お言葉ですね。
40年という歳月は当てはまらなくても、な~んか自分の日常生活を振り返ってしまうご指摘の数々・・・。
皆さんはいかがでしょうか?

 

~わかっているけど、すべてにおいて“やる気”が出ないのよ~

もし、今、そう感じておられる方は、そのやる気が出ない感じ・・・
もしかしたら年齢ではなく、ホルモンバランスかもしれません。

特に、30代後半~40代の女性に「もういい歳だから・・・」という思い込みで、疲れやすい・生理が不規則になってきた・気分が晴れない・・・等、最近感じる不調すべてを「加齢のせいだ」と片づけていませんか?

 

ある婦人科医の先生はこうおっしゃっています。
それって本当に年齢のせいでしょうか?必要以上に女性ホルモンを疲弊させるような生活を送っていませんか?もっと厳しい言い方をすると、年齢のせいにして、甘えていませんか?・・・と。

 

エストロゲンの分泌量は、一生でティースプーン1杯分といわれていますが、一生でたったこれだけの女性ホルモンをきちんと作りだせる健康的な生活を怠っていませんか?
50代になれば確実に女性ホルモンの分泌は低下します。
(詳しくは、エイジングケア研究所の女性ホルモンについて をご参照ください。)

 

その前に、自らの不摂生や甘えでホルモンバランスを悪くしていたら、更年期症状の前倒しも起こりかねません。
「もういい歳だから・・・」という思い込みで、気がつけばオス化(おっさん化)していた、なんてことにならない為にも、女性が女性である為に必要なものは、毎日のケアで、よい状態に保っていたいものですね。

 

まずは、自分のホルモンバランスが、現在どんな状態なのか、婦人科へ行き、「自分のカラダを知る」ことが大事なことだと思います。
もちろん、ザクロのしずくは、毎日のエイジングケアに、オススメです!!

 

(参考書籍)
女性ホルモンがつくる、キレイの秘密
婦人科医 松村圭子 著


  • ようこそ、ザクロ屋へ。初めての方はこちら
  • 知って、学んで、楽しむ♪エイジングケア・ナビ
  • 本気のエイジングケアなら!定期購入は欠かせない