イラン視察レポート 1日目

イラン視察レポート1日目

2010年 ザクロの収穫時期に合せて、イランへ行ってまいりました。
(11/18~11/22 完全な2泊4日です)

11/18 17時半 福岡発の便で成田へ。成田で合流して今回は3人での旅です。
22時発のエミレーツ航空にてドバイへ向けて出発!

福岡を出てから17時間、成田を出てから12時間半。

現地時間朝の5時(日本時間朝10時半)ドバイ国際空港にいよいよ着陸。

あまりの夜景の綺麗さに思わずビデオを撮りました。
世界一のあのブルジュ・ドバイも見えてきました。

さすがドバイ、24時間空港。
朝の5時というのに、ものすごい人の多さです。

買えないものはないんじゃないかというくらい、あらゆるお店がそろっています。
ドバイにて3時間待ち。
いよいよイラン・テヘランに向けて出発。
約2時間半のフライト。

イラン テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港

ザクロ屋事務所を出発したのが18日の16時なので、24時間かけてついにイランの首都・テヘランの南約30kmの位置にある、エマーム・ホメイニー国際空港に到着しました。

現地時間は、11月19日の朝10時半です。

空港にすでにザクロ生産会社の社長が直々に出迎えてくれていて、そのまま車でサーヴェへ向かいました。
右も左も砂漠の中に地平線まで続くまっすぐな高速道路をひた走ること2時間。

ザクロモニュメント

ザクロモニュメント

ザクロの町「サーヴェ」へ到着。

いたるところにザクロのモニュメント。さすがザクロの町です。

イランの農場へ到着 田中社長と獲れたてザクロ

そのままザクロ畑へ直行します。

いよいよイランのザクロ屋農場の視察です。

なんだか、自分の子供にひさびさ対面するような気分になります♪

3年前に干ばつと大雪で全滅したザクロ畑は、人の背丈くらいまで成長し、実をつけていました。

ここまでするには大変な苦労があったのです。

写真は収穫したばかりのザクロ。

大きなものは掌の大きさくらいあります。

ザクロ屋農場の看板の前で記念撮影

何代にもわたってザクロを生産してきているヌリさん(写真右から2人目)

イラン産ザクロだけでも500種類ある中で、マラス種の2種類にだけこだわって、ザクロを作り続けているのです。

イランの農場へ到着 田中社長と獲れたてザクロ

ザクロ屋がイランの中でもサーヴェ、そしてヌリさんが作ったものだけにこだわる理由はそこにあるんです。

見てくださいこの実を!!

これが世界最高のザクロです。

もぎたては最高に甘く美味しいです。

イランではザクロは「天国からの果物」と いわれています。

ザクロ屋農場を撮影した動画です。

3年前の大寒波で大きな木は全部ダメになり、現在は若いザクロの木だけが残っています。

TATH(タス)

TATH(タス)と呼ばれる牛と羊の糞を2年くらいねかせたものだけを肥料として使います。

農薬などは一切使わずに作られているんです。

フレッシュの実で出荷されるものが倉庫にたくさん積まれていました。実がとても大きいんです!

倉庫に積まれたザクロの実

ヌリさんファミリーの娘さんたちが集まってきました。
すごく可愛いんです! カメラをむけるとすごく喜びます。
みんなで記念撮影もしました。

ヌリさんの娘さん達と記念撮影

イラン・サーヴェの街

ザクロ屋農場の視察が終わり、テヘランのホテルに戻ります。

サーヴェの街から車で、少し走れば、すぐ目の前に砂漠の光景が広がります。

車で走っていると、路上でザクロが売られています。イランでは普通の光景なんです!

それだけ、ザクロがイランではポピュラーな果物だということがわかります。

サーヴェから砂漠の中の高速道路をひた走ること3時間。

テヘランのホテルにチェックインしてから夕食。

長い 長い 1日が終わり、倒れこむように眠りました。

2日目へ続く →


  • ようこそ、ザクロ屋へ。初めての方はこちら
  • 知って、学んで、楽しむ♪エイジングケア・ナビ
  • 本気のエイジングケアなら!定期購入は欠かせない